いらっしゃいませ、りょうひとで御座います。薩摩の名前が付く  
     食材、一つしかないですよね。普通に「さつまいも」とタイトルに  
     付けない辺りが、ひねくれ度全開です。それでは炊飯準備します。

    LY2FeTslXfq9zhV1638160603_1638160628

     左から白だし、麺つゆ、しょうゆ、酒みりんの順番になります。
     下はこのブログでお馴染み、昆布茶。入れる順番もこの通りに。

     量をイメージしやすいように計量カップで紹介してみました。
     

     sldt47vy2h5Vhd91638160795_1638160840

     I9I7qpgBwEt0aMO1638160895_1638160910

      「白米炊き込み3まで」の水位が2.5まで上がっています。

      
     jWFqlpGsf3Al3bX1638161438_1638161456

     先にホタテの旨煮を入れました。昼に頂いたのですが、さつまいもの
     風味が強く、甘みが濃かったのですが、夕方に食べるとホタテの塩味 
     強くなっています。具材の順番、調味料の種類、順番入れ方で変化。




      SHeFo57MirEatjm1638161714_1638161727

      「炊き込み3まで」の線に少し足りないくらいです。超えてくれば
      柔らか目のご飯。逆にこれより少ないと固め。おこげも出来ますね。

       たまたま冷蔵庫に残っていたので、ホタテ使ってみたのですけど
       別のものがあれば、色々変えてますね。気分屋もいいところ苦笑


         それでは次回はいよいよ炊き上がります。お楽しみに。 

          本日も最後までお読み頂き、有難うございました。